ようこそ! 「資格のテキストと問題集など」へ
ポータルトップ >  ホーム >  Cisco CCNA(シスコ技術者)  > シスコ技術者認定公式ガイド CCNA【ICND2】編(試験番号640-816J/640-802J)


シスコ技術者認定公式ガイド CCNA【ICND2】編(試験番号640-816J/640-802J)

シスコ技術者認定公式ガイド CCNA【ICND2】編(試験番号640-816J/640-802J)
Wendell Odom
シスコ技術者認定公式ガイド CCNA【ICND2】編(試験番号640-816J/640-802J)
定価: ¥ 4,494
販売価格: ¥ 4,494
人気ランキング: 45032位
おすすめ度:
発売日: 2008-04-17
発売元: 翔泳社
発送可能時期: 在庫あり。

私には良い本でした
評価が分かれますが私にとってはCCNA合格に大変役立ちました。
確かに日本語で難解な部分がありますがネットワーク基礎知識と
Ciscoルータ、スイッチの知識がしっかりしていれば内容は理解
できます。
トラブルシューティングでは、試験にここまでの知識はいりません
でしたが実践的で勉強になりました。



申し訳ないが評価は低いです。
とくかく、記載内容にミスが多いというのが感想です。
この本を教科書として勉強していくなら事前の知識を蓄えておいた方が良いとおもいます。

酷い
まったくお勧めしません。

CCNAの試験対策のために買いました。
項目的な網羅性が良かったので買ったのですが、無意味に難しいです。

簡単に言えば、「CCNAの内容」より、「この本の文章を読むこと」に労力を使う本です。

理由は、
・おそらく元の文章がひどい
・翻訳もひどい
こんな感じです。

元の文章のひどさは、1文でまとめられるような内容を数行に渡って回りくどく書くところや、「そんな例え出さなくても分かる」内容を、無駄な例えを使って説明したりするところです。
多分、まともな文章が書ける人なら、本が半分ぐらいの厚さになると思います。

というか、資格試験なんて「そういうもの」として覚える項目がほとんどなのに、それを回りくどい文章で書かれると分かりにくくてしょうがありません。
「で、どういうものなの?」となります。

翻訳のひどさは、これはおそらく機械翻訳なのではないでしょうか?
図面もほとんどなしで、「このインタフェイスの反対のインタフェイス」とか、何をさしているのかが不明確な指示語が異常に多いです。
指示語を追うだけで疲れます。

せめて翻訳時に元の悪さを直していればよかったと思うのですが、これはちょっとひどいです。

改訂版が出ることを望みます。


(シスコ技術者認定公式ガイド CCNA【ICND2】編(試験番号640-816J/640-802J))このページのトップへ

(資格のテキストと問題集など)メインページに戻る