ようこそ! 「資格のテキストと問題集など」へ
ポータルトップ >  ホーム >  JWCADのテキストと書籍  > CADって、どない使うねん!


CADって、どない使うねん!

CADって、どない使うねん!
山田 学
CADって、どない使うねん!
定価: ¥ 2,310
販売価格: ¥ 2,310
人気ランキング: 106109位
おすすめ度:
発売日: 2006-10
発売元: 日刊工業新聞社
発送可能時期: 在庫あり。

2次元CADから入った方々
には、ちょうど良い内容です。

3次元CADからこの世界に入った方々には、2次元CADの苦しさが
伝わって来るのではないでしょうか?

原理原則に立ち返って、「データム平面」の把握方法を今一度考え直すには、
ちょうど良い内容です。これ以上の難易度の高いものは、本としてではなく、
現場と第三者(例えばコンサルタント)が地道に技術検討する内容だと感じます。

価格と内容のバランスが取れた良著だと思います。

CAD初心者には…
CADを1からやるという人が買う本ではありませんでした…。
下見せず、評価を見て購入してしまいました。
タイトルからして使い方をわかりやすく指導する本かと思ったら、ほぼ活字でなんだかCADを学ぶというよりは、この著者のCADに対する思い?みたいなのを延々と読んでる感じ。
誰かのセミナーへ参加してる様な気分でした。
正直、期待しただけにガッカリです。
もしかすると、CADをもっと勉強すれば活用できるかもしれませんが、しばらくは本棚で待機だと思います。

CADの操作を覚えた次はこの本を是非読むべき
巷にあふれてる2D,3DCADの勉強本といえば、操作に関することで構成されていますが、この本にはほとんど操作に関する記述がありません。
一通りオペレーションを覚えて、いざ設計をはじめようとしてもいろんな疑問にぶち当たり中々作業が進まないいう経験ありませんか。
それをある程度解決してくれるのがこの本だと思います。
ページ数も200ページ程度ですので、初級者だけでなく中上級者の方もおさらいのつもりで読む価値はあると思います。


(CADって、どない使うねん!)このページのトップへ

(資格のテキストと問題集など)メインページに戻る