ようこそ! 「資格のテキストと問題集など」へ
ポータルトップ >  ホーム >  MCAS  > セミナーテキスト マイクロソフト公式 Microsoft Certified Application Specialist 攻略問題集 Microsoft Office Excel 2007 第2版 (セミナーテキストマイクロソフト公式)


セミナーテキスト マイクロソフト公式 Microsoft Certified Application Specialist 攻略問題集 Microsoft Office Excel 2007 第2版 (セミナーテキストマイクロソフト公式)

セミナーテキスト マイクロソフト公式 Microsoft Certified Application Specialist 攻略問題集 Microsoft Office Excel 2007 第2版 (セミナーテキストマイクロソフト公式)
間久保 恭子
セミナーテキスト マイクロソフト公式 Microsoft Certified Application Specialist 攻略問題集 Microsoft Office Excel 2007 第2版 (セミナーテキストマイクロソフト公式)
定価: ¥ 1,890
販売価格: ¥ 1,890
人気ランキング: 4876位
おすすめ度:
発売日: 2008-04-28
発売元: 日経BPソフトプレス
発送可能時期: 在庫あり。

わかりやすいと思います
以前エクセルを教えていた時も日経BPの問題集をよく使っていました。
できることが上手くまとめられていて、自分が動作を行いながら実行できます。前半の試験範囲習得部分は、今まで2003以前を使っていた人にとって、2007を理解するのに有効で、後半の模擬テストは、試験の疑似体験として有効だと思います。
テキストと問題集が揃っているようなものなので、ありがたいです。
ただ、紙質が薄いので、本をたててとか持ったままでの使い勝手は良くないので、机の上にちゃんと開いて学習するのがいいと思います。

MCAS資格を目指すにはこれが1番。
私はこのEXCEL版とWORD版を購入して勉強し、無事両方とも合格することが出来ました。模擬テストが7回分入っているのがとても良いです。実際の試験を受験するには、模擬試験を出来るだけ多くこなし、時間配分などにも慣れて自信をつけることが大事だと感じました。実際の試験の合格点は7?8割程度なので、これ一冊しっかりやれば十分合格できると思います。
付属のCD-ROMによる模擬試験の動作も不具合なく動作します。
MCASの試験を生まれて初めて受験する前、この問題集と他社のオレンジ色の問題集を併用して勉強しましたが、橙色のほうは難易度が高く、説明が理解しにくい箇所が多い感じがしました。さらにその付属のCDROMは不具合が多く使いにくかったです。しかしこの日経BPのほうは分かりやすく使いやすいです。
パソコンスクールに通わずにお金を節約し、自分で勉強してMCASを受けたい人にはこれがおすすめです。

模擬テストが良いです!!
タイトルが「攻略問題集」となっていますが、テキストには機能の説明や操作手順などが
事細かに書かれています。以前富〇通のPC教室でインストラクターをやっていたので、
今までテキストと言えばFOM出版の物が中心でしたが、実際の試験と比べるとFOMの物は
やや易し過ぎるので、以前からEXCELを使っていた方や用語が分かる方はこちらの方が
やりがいがあると思います。

また、模擬テストは実際の試験同様にひねた表現がしてあったり
ランダム出題であきないように工夫されています。
FOMと比較すると関数に関してはこの本の問題の方が難しく
やりがいがあります。
FOMと違って、プログラム起動ごとにCD-ROMが必要ないのも良いです。
画面の解像度も変更する必要がないのでストレスなくやりたい時に
すぐ始められます。

初心者の方はまずFOMのテキストで慣らして、正解率が90%以上になったら
実際の試験対策にこちらのテキストをやるのが良いのではないでしょうか。
(実際の試験の問題の表現、画面表示などはこちらの本が近いので)






(セミナーテキスト マイクロソフト公式 Microsoft Certified Application Specialist 攻略問題集 Microsoft Office Excel 2007 第2版 (セミナーテキストマイクロソフト公式))このページのトップへ

(資格のテキストと問題集など)メインページに戻る